M-1育毛ミストには合計6種類の成分が配合されています。

その一覧はこちら。

M-1育毛ミストの成分…6種類
  • 加水分解酵母
  • グリチルリチン酸2K
  • センブリエキス
  • ニンジンエキス
  • 加水分解ケラチン液
  • 温泉水

他の育毛剤の成分をみてみると80種類とか90種類配合のものもある中、かなり少ないですね。

ただ、M-1育毛ミストの特徴のひとつとして、「すべて天然由来成分」であるということがあります。

化学合成成分が多いこのご時世にあくまでも天然抽出成分にこだわっているからこそ、成分数は少数精鋭に絞られているのだと思います。

しかし、いくら天然由来といってもこれら6種類の配合されている成分がきっかけとなり副作用になる可能性はないのか?

スペックと副作用のリスクを一つ一つ確認してみたので、私の使用感と合わせてご紹介したいと思います。

加水分解酵母のスペックと副作用になる可能性は?

加水分解酵母は、M-1育毛ミストが独自開発し、M-1育毛ミストだけにしか配合されていない独自成分です。

全世界の育毛研究に携わる研究者が集まる世界毛髪研究会議というところで発表されるほど、育毛メカニズムがきちんと解明されています。

M-1育毛ミストの全額返金保証制度の説明用紙

そんな加水分解酵母ですが、別府温泉で発見された温泉酵母を加水分解することで抽出された酵母エキスです。

この酵母エキスによって、毛根を刺激し、発毛因子を増量させ、髪を成長させることができるメイン成分といえるでしょう。

M-1育毛ミストの全額返金保証制度の説明用紙

では、この加水分解酵母に副作用の心配があるのかといえば、結論、ほとんどありません。

もともと自然由来の別府温泉から抽出された成分であり、肌に触れても大丈夫な成分ですし、刺激など副作用の恐れはありません。

3つの有効成分の働きと副作用になる可能性は?.

M-1育毛ミストの中には、厚生労働省に認可された3種類の有効成分も配合されています。

M-1育毛ミストの有効成分
  • グリチルリチン酸2K:頭皮の炎症を抑え保湿効果を高める
  • センブリエキス:血行を促進し、髪の毛に栄養をたくさん届ける
  • ニンジンエキス:代謝を高め血行を促進し、髪の毛に栄養をたくさん届ける

先ほどの加水分解酵母が髪を成長させる原動力と位置づけるならば、有効成分はそれをサポートする役割。

血行を促進させて、髪に栄養を送り込むなどの成長をサポートしつつ、育毛の妨げになる頭皮の炎症も防ぐ攻めと守りの成分両方がバランス含まれていますね。

ちなみにこの3種類はなにが天然由来かといえば、

  • グリチルリチン酸2K:甘草(カンゾウ)から抽出
  • センブリエキス:センブリ草から抽出
  • ニンジンエキス:高麗人参から抽出

いずれも薬草から抽出された成分であり、化学合成の成分ではありません。

気になる副作用の面ですが、そもそも有効成分は厚生労働省から認可されるために、人体に対して緩やかな効果があると認められる効果の面と、使ってなんらかの副作用になるリスクが限りなくない安全面での2つの審査があります。

すなわち、有効成分であると認められていることは厳格な国の審査をクリアした成分であるため、副作用の心配はないんですね。

加水分解ケラチン液のスペックと副作用になる可能性

加水分解ケラチン液は、髪の毛と構成している組織が非常に似ている成分で、髪に浸透しやすく、頭皮の乾燥などを防ぐ役割がある成分です。

人間の髪の毛も動物の毛も、ケラチンという硫黄を含むタンパク質で99%できているのですが、加水分解ケラチン液は羊の髪の毛を加水分解させて抽出された成分です。

こちらも刺激が弱く副作用の心配はありません。

このように、M-1育毛ミストに配合されている成分はどれも刺激がなく、副作用になるリスクも限りなく少ないのが特徴です。

実際に私が使ってみても、本当につけたときは水のように全く違和感がないさらさらとした液体で、整髪料のようなべとつきもなく、副作用が起こり得そうなケミカルな怪しさは一切ありませんね。

もちろん、これまで使っていて副作用のようなものもまったく起こらなかったので、私自身の見解からすれば副作用の心配はほぼ考えずに、効果の面だけを考えて使い続けられる育毛剤だと思います!

定期購入なら初回60%割引!